まずは税理士を探す

Permalink

税理士が相続相談において果たす役割は相続税に関する事だけでなく、相続する財産がどの程度の金額になるのか評価する事も含まれています。相続税は基礎控除額以下ならば免除されますから、税理士に相談をしておかないと相続税を支払う必要があるのに、それに気づかず後々になって大きな税金をかけられてしまう危険も出てきます。きちんと事前に税理士を雇って相続財産の評価をしてもらう事で、自分がどの程度の資産を相続する事になるのか、それにかかる相続税はどの程度なのかを知ることができます。

また税理士が行える相続に関する手続きには、司法書士や行政書士など他の専門家では行えないものも数多くあります。もちろん司法書士など他の専門家にしかできない部分もありますから、税理士だけを雇っておけば良いという訳でもありません。そのため相続をする事になった際の相続相談は、相続に特化している事務所に頼んでおくと必要な人材を揃えてくれるのでスムーズな相続の手続きを行う事ができるでしょう。

相続相談をする際に、頼るべき専門家は多くいます。ですが税理士は必須とも言える専門家であり、相続において必要な多くの場面に役立つ職業ですので、相続相談をする時にはまず相続に関する案件の実績がある税理士を探すようにしてみてはどうでしょうか。