相続相談で相続税の申告を相談するならば

まずは税理士を探す

Permalink

税理士が相続相談において果たす役割は相続税に関する事だけでなく、相続する財産がどの程度の金額になるのか評価する事も含まれています。相続税は基礎控除額以下ならば免除されますから、税理士に相談をしておかないと相続税を支払う必要があるのに、それに気づかず後々になって大きな税金をかけられてしまう危険も出てきます。きちんと事前に税理士を雇って相続財産の評価をしてもらう事で、自分がどの程度の資産を相続する事になるのか、それにかかる相続税はどの程度なのかを知ることができます。

また税理士が行える相続に関する手続きには、司法書士や行政書士など他の専門家では行えないものも数多くあります。もちろん司法書士など他の専門家にしかできない部分もありますから、税理士だけを雇っておけば良いという訳でもありません。そのため相続をする事になった際の相続相談は、相続に特化している事務所に頼んでおくと必要な人材を揃えてくれるのでスムーズな相続の手続きを行う事ができるでしょう。

相続相談をする際に、頼るべき専門家は多くいます。ですが税理士は必須とも言える専門家であり、相続において必要な多くの場面に役立つ職業ですので、相続相談をする時にはまず相続に関する案件の実績がある税理士を探すようにしてみてはどうでしょうか。

税理士の役割とは

Permalink

相続相談における税理士の役割は、相続税の申告や相続財産の評価、準確定申告申請などが挙げられます。税理士は税金に関わるプロフェッショナルであり、相続に関する事柄でも大きな問題となりやすい相続性の計算や申告に関して、安心して任せられる人材でもあります。相続税の申請や計算はきちんとした手続きのもとに行わないと後々余計な出費を招く事もありますから、プロに任せられるというのは大きな安心感につながります。さらに自分では難しい手続きなどを代わりに行ってくれるので、手続きでミスをする心配もありません。

また、相続税に関係する申告の中には税理士以外が行えない手続きもあるため、相続相談をする際には税理士にも依頼をしておく事が望ましいとされています。専門的な知識が必要となる税理士の仕事は、素人が勝手に行ってしまうと余計な手間やトラブルを招くことになりますし、最終的にはより大きな出費となって相続した人に返ってくる事もありますから、相続をする事になった際には税理士へ相談する事を忘れないようにしましょう。

ただ税理士ならば誰でも良いという訳ではなく、なるべくならば相続手続きをした実績のある税理士を選ぶのが望ましいです。相続税について詳しい税理士は実はそこまで多いという訳ではないので、実績がある税理士ではないと迅速な対応が期待できない場合もあるので注意が必要です。

相談先を見つけるには

Permalink

相続相談をどの専門家に依頼するかを考える際には、まず相続する財産が基礎控除以下かどうかを考えると良いでしょう。基礎控除とは3000万円と法定相続人の数に600万円をかけた金額を足したものが適用されます。例えば法定相続人が2人であれば3000万円に1200万円を足した4200万円が基礎控除がてきそうされる金額となります。そして相続する財産の金額がこの基礎控除額以下であった場合は司法書士にだけ相談をすれば問題ありません。ただし、相続する物の中に建物が含まれており、さらにその建物が未登記であった場合は司法書士に加えて土地家屋調査士や税理士などにも相談する必要があります。

相続する財産の金額が基礎控除額を超えていた場合は、司法書士と税理士の両方に相談する必要があります。しかしそれぞれ別に相談する方を見つけるのは難しいし手間がかかりますから、相続に関する事案に特化した事務所を見つけるようにすると良いでしょう。別々に頼むよりもひとつの特化した事務所に依頼する方が時間も手間もかかりませんし、どのような事態になったとしても迅速な対応が期待できますので重宝します。

自分である程度相続に関する判断ができ、自分が相続する財産に合わせた専門家を選べる場合は問題ありませんが、自分では判断しにくいという場面になった場合、やはり個別に探すよりも特化した事務所を見つけた方が効率が良くなります。

相続相談のポイント

Permalink

相続をすると一言でいったとしても、人によって相続財産がどういったものか、相続をする人たちの中で話はついているのか、相続に関する準備が整っているかなど、その状況は異なってきます。相続に関する相談はすべて同じ専門家へ相談すれば良いという訳ではなく、相続する人の状況に合わせてどの専門家に相談すれば良いのかが変わってきます。自分の置かれた状況に合っていない専門家を選んでしまうと、依頼した際の費用などを無駄にしてしまう事になるでしょう。そうならないためにも、相続相談をする専門家は状況によってどう変わってくるのかを知っておく必要があります。

状況ごとに必要となる専門家は変わってきますし、さらに専門的な手続きではその手続きをする権利を持たない人が手続きをしてしまうと違法となってしまうため、知らないままでは余計な手間や費用がかかります。さらに引継ぎなどをするようになれば、さらに余計な時間までかかってしまうので、速やかに相続の手続きを済ませたいと考えている方にとっては大きなデメリットとなるでしょう。相続の手続きには専門的な知識が多く必要となるため、どうしても自分だけでは判断できない部分が多くあります。ですから、わからない部分や間違った手続きをしないためにも、相続相談をする相手をきちんと選ぶ必要があるのです。

当サイトでは相続相談ではどういった場面でどういった専門家に頼るのが良いのかを簡単に説明していきます。これから相続に関する問題が出てくる可能性があるという方が、いざ相続という場面になってトラブルを回避できるように準備をするためのきっかけとなれば幸いです。